風評被害対策


風評被害対策・デジタルリスク TOP

「WEB防護策」として必要不可欠


多くの企業が、「火災保険」「ウイルスソフト」「防犯カメラの設置」等といった、『もしもの時の備え』を準備しています。ある程度の規模間になれば、企業として必要不可欠な設備・サービスであると言っても過言ではありません。近年、インターネットが急速に進化しており、Twitter・Facebook等のSNSを通じて情報の伝達スピードも早く、影響度も高まっております。インターネット上の情報は、採用やサービスの利用にも影響を与える存在となっています。レピュテ―ションリスクは企業にとって無視できない課題であり、「WEB防護策」として捉えられるべきだと考えられます。

風評被害対策・デジタルリスクの影響

風評被害対策からレピュテ―ションリスク領域へ


ソルフェリオーナでは、企業様のレピュテ―ションリスク・WEBリスクの課題解決を目的として、コンサルティング型提案が可能です。 これまでの対策実績をもとに、業態や業種によって、「誹謗中傷が書かれやすい箇所」等を事前に確認し、最も効率的かつ「いたちごっこにならない風評被害対策」を提供いたします。上場企業の危機管理スコアをもとにした、デジタルリスクスコアを無料提供可能!

風評被害対策・デジタルリスク 防護柵

求人費・販管費が悪名を広める施策に


エンドユーザーの消費行動はWEBの発展により変化し、以前と比較すると、就職活動においても応募の前に「検索」が入り、企業名・サービス名のクチコミや検索結果の情報を参考にし、企業の信頼性を判断するようになりました。企業活動とは、利益を上げ、社会貢献をするために、「知名度アップ施策」を行うものです。広告費はもちろん、求人費や販管費、それら全てが、悪名を広めるだけの逆効果施策になっている企業様は少なくありません。